※お暇をこじらせて兇茲


ここ最近のajiのお芝居では鼻眼鏡をかけて俳優が演じる事が多い。
反応は様々だ。
・「面白い」
・「意味が分からない」
・「誰だかわからない」
・「逆に個性がクッキリ出る」
・「ピエロみたい」
・「オリジナリティーを出そうとしてるんじゃないか?」

私としては作品に色々な感想を持っていただけること、それ自体がありがたいことである。
しかし、なぜ?と聞かれたら今は「好きだから」と答えたいと思っている。
勿論「鼻眼鏡をかけると俳優に影響が出る」というような理屈や理由はあるのだが、あえて趣味的なルック(見た目)のことを書いてみる。
鴨居玲という洋画家が居て、私は彼の絵の中にある「闇」と「朱」に惹かれるのだ。おこがましい言い方をすれば、共感といってもよいのかもしれない。





※(実は最近知ったのだが)この画家と私は同郷らしい。…あらためて検索すると諸説あるようだが。
「墨・黒」でなく「闇」。「赤」でなく「朱」。悲しさ。潔さ。
表現する時の手際やモチーフの選び方が、このようにありたいと思っていて、ともかくこの感性を土台に、私なりの絵作りをやっているのだ。私なりのという部分を今あえて言葉にするなら「ニセモノ化」である。これはまだキチンと語れる段階ではないが、問題提起をするなら、上に貼り付けた絵画は一見するとヨーロッパ人が描いたもののようだけれどもそうではないので、
日本人が描いた痕跡があり、またその選択をした理由が画家にもそれを観る私の中にもあるのだと思っている、というところか。
「ニセモノ化」に関してはまたいつか整理できたら書こう。

島 貴之


日時:2015年1月29日[木] - 2月1日[日]
会場:こまばアゴラ劇場
原案:『幸福の王子』オスカー・ワイルド・『正義の人びと』アルベール・カミュ
構成・演出:島貴之

出演:金子久美 眦腑譽ぁ”拇痛禺啝辧々掌幼弦希 盒驚匣函‥鎮羞探廖|評綢析此
時田光洋 堂下勝気 中藤 奨 野口オリジナル 平山久能 梨 瑳子

チケット予約 

<CoRichチケット>
携帯からの予約はこちらをクリック!


[PR] メンズエステ 留学生 就活 ミラートレーダー ゴールドカード ランキング https://ticket.corich.jp/apply/59499/

<メールでのご予約>・・・[ajitarian@gmail.com]宛てに、件名を≪チケット予約≫とし、本文に≪お名前・日時・枚数・ご連絡先のメールアドレス≫を記載の上、送信ください。
返信メールをもちまして、ご予約完了となります。

協力:ジェイ.クリップ、アイント、劇団ポップンマッシュルームチキン野郎、ビックワンウエスト、蠕椎座映画放送、g-クラウド、芸術監督:平田オリザ 技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)制作協力:木元太郎(アゴラ企画)
企画制作:aji/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

街の広場に立てられた王子の像が、宝石でできた自分の目や体じゅうの金箔を、ツバメに頼んで貧しい人々に分け与えるお話『幸福な王子』。帝政ロシア時代―革命前夜。セルゲイ大公が暗殺された事件をもとに、革命を志す若きテロリスト達の愛と葛藤を描いた戯曲『正義の人びと』。ピラミッド型社会で見下ろす王子と、見上げる心優しきテロリストはどちらも《人びとの幸福》について願う。
「反抗」を描いた2つのテクストを材料に演劇をすることで、“私たちの今”を確かめたい。タイトルにした「お暇をこじらせて」というのは、この舞台の始めるための最初の一音である。「私は漠然と終わりの瞬間を待っていて、やる事もないから、ひとつの演劇の真似事でもしてみようかしら。」このエクスキューズは、「物語る」という行為の中に生じてしまう危うさへの警戒になると思っている。―島 貴之


明けましておめでとうございます。
2014年、ありがとうございました。
2015年、どうぞよろしくお願い致します。

素敵な1年にしていきましょう!

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。



12月13・14日に石川県金沢市の21世紀美術館シアター21にて新作「お暇をこじらせて供廚鮠絮蕕靴討ました。
12月3日から金沢へ移動し、湯涌創作の森(http://www.sousaku-mori.gr.jp/)という施設で滞在製作をしました。
文字通り同じ釜の飯を食べ、創作に専念するという得がたい経験をさせていただきました。
東京の稽古の中でも重要視した「今回はこのメンバーで一つの作品を作る」という意識が、貫けたように思います。
(稽古から本番まで、皆で一つの綺麗な円を作って立つというエクササイズから始めていました。)

皆、無事上演し元気に帰ってまいりました。
この公演の主催である金沢芸術創造財団の皆様には、長期滞在中何から何まで大変お世話になりました。
本当にありがとうございます。

2015年1月29日(木)〜2月1日(日)には東京公演をこまばアゴラ劇場にて行います。
東京公演は空間が変ることもあり、再演のつもりで望みます。(島 貴之)
(※公演詳細&予約)http://www.ajitarian.com/ohima2.html


 

ajiはこの冬、石川県・金沢と東京で公演致します!
それに伴い、ともに作品づくりに加わっていただける俳優と出会うために、ワークショップオーディションを開催致します。
演劇とまっすぐに向き合い、実験を繰り返しながら作品を作りたいと思っています。
また、同時にajiの制作をお手伝いしてくれる方も募集します。
みなさまのご応募お待ちしております。

【劇団詳細】
現在、スタッフ3名女優3名の劇団です。
演出の島は2013年『紙風船』で利賀演劇人コンクールにて優秀演出家賞受賞。
独自の演技様式やシチュエーションの置き換えによって作品の本質を提示する演出が特徴。
WEB:www.ajitarian.com

**【公演詳細】**
「お暇をこじらせて供
日程:2014年12月〜2015年2月
会場:東京(こまばアゴラ劇場)・金沢(金沢21世紀美術館シアター21)
演出/構成:島貴之
原作:アルベール・カミュ「正義の人びと」/オスカー・ワイルド「幸福の王子」
※追加公演の場合あり

〈作品について〉
本作「お暇をこじらせて供廚蓮aji過去作「お暇をこじらせて」のストーリー上の続編ではありません。
ロシア革命前夜の若きテロリスト達の物語「正義の人びと」と、街のシンボルである彫像とツバメが貧しい人に施しをする話「幸福の王子」を使って「いま、ここで、演劇すること。」その意味を考えた前作の精神的な続編です。


**【WSオーディション情報】**
対象:俳優

〈1次審査〉
書類

〈2次審査〉
ワークショップ
日程:9月6日(土)or7日(日)
時間:両日とも14:00〜17:00
*いずれかの希望日をお選びください。
*会場は1次審査通過された方にのみお知らせします。

【本番までの流れ】
〜8月31日:募集期間
9月1日:一次審査結果通知
9月6日or7日:二次審査
9月12日:結果通知
10月下旬〜稽古開始(東京都内)
12月3日〜8日石川県金沢市レジデンス制作
12月9日〜石川県金沢市 金沢21世紀美術館シアター21劇場入り
12月13〜14日金沢公演本番
1月8日〜稽古(東京都内)
1月26日〜東京都こまばアゴラ劇場入り
1月29日〜2月1日東京公演本番

【出演条件】
・チケットノルマ無し
・ギャラ有り

【募集人数】
▪俳優
男性5名 女性数名

【WSオーディション参加費】
1,000円(2次審査時)

【応募条件】
・2次オーディションに参加できる方
・2014年10月下旬からの稽古(日程未定)、12月金沢レジデンス制作、1月8日からの稽古に参加できる方
・出演公演のリハーサル・仕込み・本番・バラシの全行程に参加することができる方
・所属団体がある場合は参加許可を得ることができる方
・健康で、何事もポジティブにチャレンジできる方

【応募〆切】
8月31日(日)深夜23:00必着 ※メールのみ

【応募方法】
・バストアップと全身の写真計2枚を添付する(2MB以内)
・件名を「【aji】オーディション応募」とする
・下記をご記入の上、[ ajitarian@gmail.com ]までお申し込み下さい
1.お名前(ふりがな)
2.年齢
3.性別
4.電話番号
5.メールアドレス
6.住所
7.身長・体重
8.演劇や映画などで、好きなもの、好きな理由を簡単で結構ですので、教えてください。(劇団、映画タイトル、映画監督、俳優、小説、作家などなんでも結構です。)
9.所属(あれば)
10.参加希望日程(6日・7日・どちらでも可)
11.最近の舞台出演等、特記すべき事項があればお書きください

**【制作お手伝いご希望の方】**
件名を「【aji】制作希望」と明記の上、
上記内容にてメールをお送りいただければと思います。
制作お手伝い希望の方は、WSオーディション日程とは関係なく別途ご連絡させていただきます。

募集人数:1〜2名

【演出家メッセージ】
aji(アジ)ではこのたび、我々と共に作品をつくってくださる俳優を募集したいと考えています。
私たちは立ち上げから8年目の劇団です。お芝居を見ることで「なんだかいい気分」になっていただくことを目的に、作品づくりに挑んできました。2013年には利賀演劇人コンクールにて優秀演出家賞をいただきました。
地道な活動でしたが、色々な作品や諸先輩方との出会いの中、私の意識は徐々に更新され、以前とは違ったコンセプトで演劇を行いたいという野望が生まれました。
それは、簡単に言うと「世界で戦える作品作りをしたい」ということです。
たとえ短時間であっても共に歩める表現者との出会いを望んでいます。
(2014.7.25 アヴィニョンにて aji演出 島 貴之)

皆様のご応募お待ちしております。
1