現代劇作家シリーズ5 J=Pサルトル「出口なし」フェスティバルが終わりました。
いくつもの「出口なし」を観ることが出来、とても面白く、勉強になりました。
皆それぞれが真面目に戯曲に取り込み、とり込まれていました。
最終日には演出家が勢揃いし、思いを語り合うシンポジウムなる催しもありました。
司会の梅原さんがバランスを見ながら上手く進行してくださったのですが、多くのカンパニーにとってこの戯曲へのチャレンジがフェス参加によるものである為、一番大事な核の部分が曖昧もしくは空洞なので、作品も話し合いもぼんやりしたものになっていた印象でした。そりゃあ痒い所に手が届いちゃったら困るわけで・・・。その結果、大切な技術の話も出来ないのです。
まぁしかし、その点は企画を考えれば判ることなので、それはそれとして興味深く他の演出家の話は聞きました。
その話を聞きながら僕は、とりあえず取り組んでみた、とりあえず観客に観てもらった、というのはやはり演劇の良い所だと思いました。
終わったばかりでなんですが私たちは、この戯曲に再挑戦しようと思っています。
出来なかったこと、気づいたこと、やらなかったこと、これらを冷静に見つめ、ただ一度のお祭りにしないようにと考えています。74時間の稽古時間ではあれぐらいしか出来ませんでしたが、私の演出はこの戯曲の過去の上演作と戦うものです。
なので過去の上演は10作品ぶん上書きされました。
彼らの作品に敬意を払いつつ、また「出口なし」の門を叩こうと思っています。その為には「もっともっと技術を磨かなければいけない。努力できることを発見していかなければならない。」ajiの中では、このように総括しました。近々また本読みから始めます。

しかし「出口なし」って面白いタイトルだなぁとしみじみ思っています。
溢れ出る非常事態感!出口がないというだけなのに、まるで災害時に非常口がない!みたいな雰囲気があります。もはや述術トリックですね。戯曲もそうなんですけどね。出口とは内から外への口、そのあたりを次は考えていきたいのです。
ご来場いただいた皆様、フェス関係者の皆様、ありがとうございました。

島貴之